ITプロマネ 仕事

【ITプロマネ】リーダーのコミュニケーション手法について

  1. HOME >
  2. 仕事 >
  3. ITプロマネ >

【ITプロマネ】リーダーのコミュニケーション手法について

チームリーダーを任されたものの、
どうチームを率いて良いか分からない。。

そんな疑問を持つ方は多いと思います。

今回、システム開発の現場でチーム運営する私が、意識していることを3点紹介します。

 

今回紹介する内容は次の3点です。

 

❶一人でチームをまとめようとしない
❷アサーティブコミュニケーション
❸モチベーションとメンタル

それでは本題に入ります。

❶一人でチームをまとめようとしない

率いるチームが大きくなるにつれて
一人でチームをコントロールすることが難しくなります。

至極当然と言えるかもしれません。
ただし実際の現場では・・・

リーダー1人で10人以上の面倒を見る

なんて状態ってことは多いのでは。。

こうした状態では、
コミュニケーションが行き届かずに、
チームが機能しない。。

チームが崩壊する。。。

そんな要因になり得ます。

 

そうはならない為に

一人でチームをまとめようとしない

 

ということが重要になります。

 

具体的な方法としては、
自分自身と直接コミュニケーションを取るメンバーは(自分の右腕/直接面倒みるのは)5名程度とすることてす。

注意ポイント

業界や仕事内容にもよるかとは思いますが、
私のシステム開発の経験からは5名程度という感覚です。

 

もちろん、チームとして6名以上ということはあり得るでしょう。

 

そうした場合は・・・

自分が直接6名以上を面倒を見るのではなく、
自分の配下のメンバーが面倒を見るように体制を作るのです。

ポイント

もちろん、直接面倒見るのは5名のルールは全員に適用されます。

 

もう一つ・・・
自分が直接コミュニケーションをとるメンバーについてですが、

自分の右腕あるいは相談役として仕事を依頼する関係

であり、

仕事の責任はきっちり取ってあげたり
困った時のフォローを行う関係になります。

 

そしてもう一つ・・・

しっかりとメンバーの成功はメンバーの手柄として上に報告することはリーダーとして重要だと考えます。

 

❷アサーティブコミュニケーション

自分自身の意思を通す。

 

とても大切です。

そもそも自らの意思がないと
リーダーとしての信用にかかわるかもしれません。

 

ただし、

 

だからと言って自分の意思や考えだけを通して、

他の人の意見を通さないのであれば、

組織の柔軟性は失われるでしょう。

 

難しい問題ですよね。。

 

大切なのは、

相手の気持ちを考えて理解しながら、
自分の気持ちをその場にふさわしい方法で表現すること

です。

 

これって子育てでも同じようなことが言えるのですが・・・

子供の我儘やおねだりに対して、

その気持ちを否定することはせずに、

ただし我儘やおねだりを許容する基準を

きっちりと伝える。

 

欲しいものは必ずしもすぐに手に入るわけではない。年齢を重ねると・・・

受験や就職活動、

であったり

直ぐには手に入らないモノだったり。

 

こうした場合に必要になる忍耐力やセルフコントロール能力を身につける為に重要なことだと私はかいしゃくしています。

 

ただ、否定するだけだと子供の自尊心を傷つける可能性があります。

 

話が長くなりましたが、

 

組織やチームにおいても、

メンバーの考えや意見を尊重することは大切です。

 

❸モチベーションとメンタル

最近、やたらめったらと

メンタルを心配する風潮が高まってきている気がします。

正直、私自身は豆腐メンタルで強メンタルではないです。

そんな自分を基準にしているからか忙しい状況になるとメンバーのメンタルを気にします。

 

さて、この章で言いたいことは、

メンタルの問題なのか?

あるいは

モチベーションの問題なのか?

という切り口でメンバーの心理状態を考えてみてください。

 

恐らく多くは

モチベーションの問題から始まります。

そこから今の現場が嫌になり、

転職や異動願い、あるいはメンタルの問題に発展することが予測されます。

 

逆にメンバー目線でも

仕事で辛いことがある時は、メンタルの問題になる前にモチベーションの問題として上司や先輩に相談してみてはいかがでしょうか。

 

人間は・・・

・難易度が適切でない。
・やるべき理由が分からない。

こうした状態の場合に著しくパフォーマンスを下げます。

特に、

やるべき理由が分からない

ということは、リーダーの働きかけで解消可能です。

きちんと今の仕事をやる意義や目的、得られるメリットなんかも一緒に伝えられれば良いでしょう。

 

注意点としては、

動機付けってとても重要ですが、

 

責任感を感じて自らに重労働を課してしまうケースです。

 

このような状態はもしかすると、メンバーが自走して業務遂行できる素晴らしい状態かもしれません。

 

ただし、ここはモチベーションが高い人間に負荷が集中しないようにやらせっぱなしにするのでなく、きちんと負荷をコントロールしてあげましょう。

 

 

 

1

ThinkPad T14 Gen1(AMD)を購入した。 結構大変だったのが・・・ 各モデルの仕様や価格の理解。 購入に際しては仕様や価格を必死に比較した。 (PC全般に言えることなんだけど) モデル ...

2

子供の遊び場を増やしたい !できれば簡単に作りたい! このように考えて、庭に【トロ船で砂場】を作成しました。 トロ船の砂場ですが・・・ 手軽に手に入る商品を組合せる。 いくつかの注意点を抑える。 こち ...

3

ThinkPad T14 Gen1(AMD)を購入検討時に 比較した情報を次の記事にまとめた。 T14/T14s/L14/E14(AMD)比較記事 AMDとIntelモデルの違いも気になり・・・ 今回 ...

4

CX-30を載せて頂きました。 7年前からCX-5に乗ってますが・・・ マツダ車の進化を感じた。 純粋に乗っていて楽しい車だった。 ということで、今回はCX-30についてです。 本記事の内容 ※クリッ ...

5

共働きになって家事育児と両立するとなると色々と不安ね。。妻 かえば一緒に頑張れば大丈夫やろ! ありがとう!でも・・・ まずは計画立てて準備しないとね。妻 かえばおっしゃる通りっす! はてな 仕事や家事 ...

-ITプロマネ, 仕事

© 2022 かえばブログ